奄美大島へ、機械を納品しに参りました。

2019-12-02

 

 

9月より製作していたジェラート用自動カップシール機を、納品先の奄美大島へ納品させていただきました。

完成したカップシール機をトラックに載せて、陸路で埼玉・三郷→鹿児島の鹿児島新港へ。

片道が距離約1,500km・・・金曜夜から日曜午後の足掛け3日間掛かりました。
鹿児島新港からフェリーで奄美大島まで約11時間、フェリーに乗船後はさすがに疲れがガクッと来て、明け方まで寝てました。

 

お客様立会いのもと、トラックから機械を降ろし工場内に引き込む作業を進めます。

事前に200V電源口とエアコンプレッサーの設置工事を済ませてもらいました。
当方で用意した配管部品で繋ぎ込み作業と設置作業を進めます。

 

今回は容器・フィルムの相性が良いものを使っていたこと、またジェラートという性質上シールは1回としました。それから設計をリニューアルしたピストン充填機を備え付けています。

こちらのピストン充填機はコシのあるジェラートをしっかり送れるよう、押し付け・撹拌の機能を追加しています。

 

奄美大島、また参ります!

 

 

最後に、今回納品させていただいた「gelateria CASTANO」(ジェラテリア カスターノ)様をご紹介致します。
現オーナー様がお祖父様から受け継ぎ、奄美の特産物を使ったジェラート製造販売をされております。
詳細はリンク先HPを御覧ください、オンラインショップにておいしい奄美産カップジェラートの販売もしております。